BBQ

BBQコンロおすすめ体験談

BBQコンロ おすすめ 体験談

私のおすすめのBBQコンロを
体験談を踏まえて紹介します。

まずは私のBBQスタイルから

・回数
 年に5回以上10回未満程度
・参加人数
 5人~30人
・年齢
 1歳~60歳まで
・場所
 庭車4台分ほどのスペース

だいたいこんな感じです。

メインに使うコンロは
蓋付きドーム型で
ブランド名は

『weber』(ウェーバー)
バーベキューといえばアメリカ!
そのアメリカで60%のシェアを
誇るブランドです。
分厚い鋼鉄の上にコーティングされた
ホウロウは、錆び熱に強く
ブラシでごしごし洗っても
きれいな状態が続く素晴らしい
製品です。

まずは炭の置き方から
手前に炭、奥にアルミのカップに水を
入れたものを置いておきます。
適度に水蒸気で蒸し焼き状態に!

まずはこのコンロで豚バラ、ウインナーを
蒸し焼き状態にして焼きます。
最初に炭の上で焼いて少し色が
変わり始めたところで肉を
アルミカップ上に移してあとは
コンロ(ウェバー)の蓋を閉めて
ビールを飲みながら
3分から5分ぐらい待てば
焦げずにふっくらしたお肉が
完成!

待っている間につまむ
おススメおつまみは
・モッツレラチーズとスライストマト
・野菜スティック
・カクテルシュリンプ
などです

私の好みですがどれも
食べる10分前ぐらいに
冷凍庫に入れてキンキンに
冷やして食べます!
もちろんビールもキンキンに
冷やします!

ある程度子供たちの
おなかが豚バラとウインナーで
満たされ始めたところで
いいお肉を焼き始めます。
これも基本チョイ焼き色、
蒸し焼きでほんとに柔らかくて
ジューシーなお肉に仕上がります。

私の少し変わった
おススメの焼肉のタレも
ご紹介します
もちろん市販のタレもおいしいですが
アルミのカップに生クリームを入れ
そこにウスターソースやしょうゆなど
を少し入れて網の上に
置いておきます。
そこに焼けたお肉をつけて食べると

生クリームのまろやかさと
濃厚さがととってもおいしいです。
少しずつ肉のうまみもソースに
入っていき最後の方は
濃厚なソースになっています。
ぜひお試しください!

他にもディップも何種類か
用意すると
味の変化を楽しめて
いいですよ!
おススメは
ソフトフランスパンを
少し焼いて挟むと最高です!
サンドイッチの断面も
素敵な感じに仕上がります!

お掃除に関しては
BBQ最後の火でお湯を
を沸かしておいて
そのお湯で金たわしで
こするときれいに落ちます。
weber(ウェーバー)から出ている
金たわしだと長い柄がついているので
非常に使いやすいです。

ちなみに火を消すときはコンロの
すべての空気口を閉めておくと
そのうち消えます。
ネットなどで他の方の体験談を
見てみると半年ぐらいは
洗わずにそのまま保管という
方もいらっしゃるようです。

weber(ウェーバー)のコンロは
サイズもたくさん出ているので
皆さんのスタイルに合う
コンロが必ず見つかると
思います
是非おススメです!

BBQコンロの種類と選び方

BBQコンロの種類と選び方

BBQコンロの種類

BBQのコンロの種類は
めっちゃ種類あります!
自分のシチュエーションに
あったものを選ぶことが
購入後の満足度につながります!

 

例えば

大きな庭があって
毎週大勢で知り合いの
肉屋から直接仕入れて
ワイワイやってます

という人と

年に2,3回
2家族ぐらいで
BBQと料理と高級ワイン
でゆっくりと
楽しみたい

という人と

味より質より
とにかくインスタ
映えすればいい!

という人とでは
選ぶコンロが全然変わって
きます!

それでは
BBQコンロの種類を紹介していきますよー
自分のタイプをイメージしながら
ご覧ください!

まずは
スタンダードタイプ
足がついた箱型のもっとも
よく見る形。
いろいろなシチュエーションに対応できるし
値段もお手頃。
最初に買うならこのタイプで十分と思います。
ホームセンターなら3000円程度で買えます。

私も最初はこのタイプを買い
結局4台買い続けました
肉用、野菜用、料理用と分けて
使っていました。

スタンダードステンレスタイプ
スタンダードタイプが鉄製なら
こちらは文字通りステンレス製。
鉄製に比べると断然もちます!
錆びないし、掃除もきれいに
落ちるので使いやすさもこちら
がおススメ。
値段の方が大体7000円ぐらいですが
長持ちするので鉄製と比べると
長い目で見るとお得とおもいます。

たき火型
BBQもたき火もしたいという方
におすすめ。
他のコンロの横で別においても
雰囲気いいです。
ダッチオーブンやコーヒー用の
ポットを置くとこれまた玄人っぽくて
かっけーです。

蓋付きドーム型
グリルに蓋がついているタイプ。
蓋がついているので
蒸し焼き状態になるので
お肉が柔らかくなります。
特に豚バラなど普段はすぐに焦げてしまうような
素材でも火から遠い場所で
ゆっくり焼くと柔らかくて
とてもおいしく焼きあがります。
値段の方も他のタイプよりも
2倍から3倍します。

ちなみに私はこのタイプです
ローストビーフや玉ねぎのホイル丸焼き
ステーキなど他ではできない調理が可能!
見た目もかっこいいのですべての面で
納得!

ガスタイプ
こちらは炭火ではなく
ガスで焼くタイプ。
とにかく火を起こす手間は
いらないし炭袋で汚れる
こともありません!
BBQが終わった後の炭の
処分もないのでいろんな場所でも
対応できます。
値段は1万円から10万円ぐらいまで
幅広い種類があります。
あと、ガス缶一つ1000円ぐらいで
2,3時間ぐらい持ちます。

以上、5種類
・スタンダードタイプ
・スタンダードステンレスタイプ
・たき火型
・蓋付きドーム型
・ガスタイプ
他にもいろいろ種類はありますが
自分が満足するコンロ選びを
したいですね!